賢く管理する

マンション経営、一戸建て経営といった賃貸管理が上手くいくと、毎月入居者からの家賃収入が入ってくるようになり、安定した生活を送る事が出来ます。管理の仕方は様々あり、それぞれその土地に合わせた方法で管理を行っています。マンションやアパートといった集合住宅の場合は、出来るだけ入居者を集めないといけないので、管理が難しくなってきます。そうした場合は、管理会社へ委託すると良いでしょう。管理会社であれば、賃貸管理すべての面でサポートしてくれます。

賃貸管理の方法の1つに、「一括借り上げ」という方法があります。「一括借り上げ」とは、物件を管理会社が建設して物件の部屋自体を管理会社が借り上げるという方法です。管理会社は、家主に対して家賃の一定割合を支払うという流れになっています。一括借り上げを行う事によって、空室のリスクを避ける事ができ、入居者募集といった手間も省けるのです。

マンション経営をする中で、一括借り上げという方法は、家賃の保証があり、入居者募集の手間が省けるといったメリットのほか、確定申告時の事務処理も楽に行える、物件管理の手間が省けるといったメリットもあります。しかし、注意しなければならない事もあります。それは、家賃保証はあるものの、何十年も同じ貸料水準で保証される訳ではないという事です。入居率が悪いとなると、家賃の見直しが行われ、家賃減額が行われます。毎年同じ家賃収入が入ってくるとは限らないので、注意が必要です。